豊岡市の副市長に応募しませんか。

TVなどで、ご存知の方もおられるかもしれませんが、豊岡市が副市長を募集しています。

詳しくは 豊岡市のページ をご覧下さい。

豊岡市長は大変魅力的な方ですが、お一人の力だけでは変革は出来ません。
是非外部から、優秀な方に来てもらい、豊岡市、城崎温泉に力を貸して下さい。
今回の募集は大変楽しみです。
[PR]

# by gubigabu | 2009-06-25 15:18 | まちづくり  

湯流れ万灯がスタートしました

c0057366_20395467.jpg

今日4月3日から、あいたい兵庫デスティネーションキャンペーンのメイン事業である
湯流れ万灯がスタートしました。6月末まで、毎週金土日夜8時から10時まで、
ろうそくの明かりで温泉街を照らします(雨天中止)。

c0057366_20403823.jpg

この写真の手燭台を全部で300ほど、大谷川の橋の欄干に設置します。
長丁場になるので、この準備をするのに、3日かけて、大勢で行いました。
1日目はさび塗り、2日目に色塗り、そして3日目に和紙を貼りました。

毎回商工会青年部のメンバーが2人ずつ出て、本部に手燭台をとりに行きます。
そして、商工会、女性部、観光協会、旅館組合からメンバーが当番制で出て、火をつけたり、
雨が降ったら撤収したりします。マニュアルも作りました。この仕組みを作り上げるだけでも
何回も会議を開催しました。私はDCの実行委員長を仰せつかっていますが、皆さんの
熱心な協力体制には本当に頭が下がります。
こんなことはなかなか他の町では出来ないことと思います。

お客様を町民みんなでおもてなしする、それが城崎スタイルです。
こういう伝統こそが城崎のまちづくりの基本であり、
一番大切に守っていかないといけないものと思っています。
町民の暖かい心と同じ暖かい火をお楽しみくださいね。
[PR]

# by gubigabu | 2009-04-03 20:49 | イベント  

ハチゴロウの戸島湿地 オープン

今日、城崎温泉街から、車で2分ほどの所にある戸島に
ハチゴロウの戸島湿地がオープンしました。

ハチゴロウというのは、野生のコウノトリの名前で、残念ながら、死んでしまいましたが、
こうのとりの野生復帰計画にも大変貢献してくれました。
そのハチゴロウが、戸島地区の湿田のフナやボラ、ナマズ等を食べに頻繁にやってきたのが
今の戸島湿地です。ハチゴロウの功績をたたえて、
名前もハチゴロウの戸島湿地と決まりました。

「自然が一杯のすばらしい景観を残し、円山川下流域におけるこうのとりの生息拠点として
活用しよう。そして地域の活性化につなげよう」と、国、兵庫県、豊岡市、城崎町が一体となり
計画を進め今日のオープンにこぎつけました。

c0057366_15345646.jpg

写真は完成した管理棟の前でテープカットする、中貝市長他、地元の方々です。

c0057366_15361584.jpg

城崎小学校の生徒達が、湿地に魚を放流しました。

c0057366_1537916.jpg

写真の左上に見えるのが、人口巣塔です。
あと数日で、こうのとりのひながここから誕生予定です。

温泉街からほんの少しの所に、こんな自然一杯のところがあるのが、
城崎の良さだと思っています。城崎温泉駅から歩かれると20分程度で、
天気がいいと駅前の旅館案内所でレンタサイクルを借りて
行かれることをおすすめします。すぐ隣には但馬焼き陶芸館がありますし、
楽々浦湾もあり、ジョギングにも最適です。
今後はラムサール条約の湿地登録を目指していきます。
まだ出来たばかりですが、これからの発展が楽しみです。
[PR]

# by gubigabu | 2009-04-02 15:47 | こうのとり  

あいたい兵庫デスティネーションキャンペーンがスタートしました

4月1日から6月30日まで、兵庫県の大型交流キャンペーン
「あいたい兵庫デスティネーション(DC)キャンペーン」が開催されます。

昨日はオープニングイベントが開催されました。

c0057366_8384117.jpg

まずは、4月1日の一番列車で来られたお客様に、オンセンジャーと若女将がお出迎え。

お昼からは温泉寺の本尊である、十一面観音立像を公開する式典を行いました。
c0057366_8402324.jpg

これから、城崎温泉のみならず、豊岡、但馬で様々なイベントが開催されます。
お楽しみに。
[PR]

# by gubigabu | 2009-04-02 08:42 | イベント  

c0057366_15261059.jpg

昨日、山本屋の隣に野生の猿が出現。
逮捕しようとかけつけた、警官に何故かなつき、しばらく仲良く2ショットでした。
そ知らぬ顔でうろうろしていましたが、逮捕される前に裏山に逃げていきました。
[PR]

# by gubigabu | 2008-12-17 15:28  

かばんバス(コバス)走る

c0057366_21251436.jpg

かばんの町、豊岡を全国にPRするため、町を走るコバスにかばんのラッピングをしました。

c0057366_21265878.jpg

私の友達が企画し、友達の会社でバスのラッピングもしました。
話には聞いていましたが、こうやって完成すると感動もんです。

c0057366_21282311.jpg

出来栄えの良さに市長ものりのりで、喜んでおられたとか。
豊岡市でしか走っていないかばんバス素敵でしょ。
[PR]

# by gubigabu | 2008-12-12 21:30 | まちづくり  

かに解禁

c0057366_1571340.jpg

いよいよ11月6日 かに漁が解禁になりました。

かにが解禁になり、町の様子がいっきに冬モードに変わりました。
不思議と気温も低くなり、つい昨日までは秋という感じでしたが、解禁から
冬って感じに。お客様の服装もダウンにブーツ姿。
(まだそこまでは寒くないですが、日本海側ということで、かなり寒いと思ってこられるでしょうね)

お泊りのお客様も増えましたが、日帰りのお客様も今日から増えて、町もにぎわいだしました。
お魚屋さんには、かにが並んでいます。

今年もいいかにシーズンでありますように。
(上の写真はかにすきのイメージ写真です。冬にはかにのお鍋はかかせません)
[PR]

# by gubigabu | 2008-11-08 15:13 | イベント  

温泉寺ライトアップ

城崎温泉には温泉寺というお寺があり、道智上人が開祖である。
養老4年(720年)が城崎温泉のはじまりとされている。
城崎温泉と深いつながりのある、温泉寺のライトアップを11月6日から3月まで行います。

場所はロープウエイのふもと、外湯でいうと「こうの湯」の近くです。
写真はIPHONEでとったので、綺麗に撮影できていませんが、
実際はもっと綺麗なので、夜温泉街をお散歩される際には一度お立ち寄り下さいね。

c0057366_1604225.jpg

[PR]

# by gubigabu | 2008-11-06 16:01 | まちづくり  

木屋町小路オープン

いよいよ、本日7月26日 城崎温泉の新名所「木屋町小路」がオープンしました。
豊岡市が建築し、城崎町商工会が管理し、民間の施設が入りました。
もともとのきっかけは、まだ城崎町が豊岡市と合併する前に前町長の西村さんが
城崎で商売をしたいけど、いきなり大きな借金をしてスタートするのではなく、
小さなお店をいくつか作ってチャレンジショップみたいなものを作りたいと言い出したことでした。

その流れで私も一緒に、早稲田の建築の皆さんと一緒に「城崎このさき100年計画」を作ったこともあり、木屋町小路が無事オープンでき、本当にうれしく思っています。

お店は面白いお店がたくさん集まりました。

c0057366_14152960.jpg

まず目をひくのが、ときわ酒造さんがされいている、城崎ビネガー(飲むお酢のドリンク)のお店です。いろいろ体に良さそうなドリンクがあり、お風呂上りにぴったりでしょう。

c0057366_14173984.jpg

その隣には玄武洞あられのお店が。こちらも種類があり、どれを選ぶか悩みそう。

c0057366_1418322.jpg

耳サプリのお店も木屋町小路にひっこしてきて、新しくオープン。日本でも珍しい耳サプリでほっこりしては。城崎の美男・美女コンビがやってくれますよ。

c0057366_1420456.jpg

ベジバスさんでは、サンドイッチや軽食、うちの地ビールも4種類ございます。
ビール工場もすぐ近くなので、出来立ての地ビールが召しあがって頂けます。

c0057366_1423749.jpg

木屋町小路に新しく作ったボールサーカス。
両サイドにおられるのは日夜まちづくりに励んでおられる城崎の仲間です。

全部紹介しきれませんが、いろいろあります。
是非お立ち寄り下さい。
[PR]

# by gubigabu | 2008-07-26 14:25 | まちづくり  

オーダーメードの鞄

豊岡市は鞄の町。
地場産業の鞄屋さんでオーダーメードのバッグをスタートされました。
僕の友人がやっているアートフィアーさんです。

c0057366_1532219.jpg

まずは3種類の中から、気にいった形を選びます。

その次はベースとなる素材の色選び。
c0057366_15333597.jpg

結構いろんな色があり、迷います。
せっかくオーダーメードなので、平凡な色では面白くないし、持ちにくい色でも駄目だし。

次は革の部分の色と金具選びです。
c0057366_15355929.jpg


基本の色との組み合わせを考えながら、なかなか楽しいです。

c0057366_15365566.jpg

裏地もアクセントになるし、名前も入ります。

パソコンで完成イメージを確かめながら作業できます。
c0057366_15382174.jpg


完成は3週間後。
自分たけのオリジナルバッグの完成です。
これで29400円は安いと思いませんか。
今は3種類ですが、将来はもっと増える予定らしいですよ。
オーダーメード以外にも素敵なかばんがたくさんあるので、鞄に興味のある方は
是非お立ち寄り下さいね。
城崎温泉からは車で15分のところです。
お店も格好いいですよ。
[PR]

# by gubigabu | 2008-06-10 15:44 | 産業